今日はガレージについて思うことを建築の目線とドラッグレーサー目線?(笑)

で書いてみたいと思います。

ドラッグレーサーと書きましたが、私自身が1960年式のワーゲンのビートルで

ドラッグレースに参戦しているのです。

今はなき仙台ハイランドも最後の最後まで走りました。

最近では、富士スピードウェイやツインリンクもてぎなどです。

藤沢のフラワーオートに所属しています。

ベストタイムは富士スピードウェイ1/4mile 13.015sec

この写真は初めてドラッグスリップを走った時の写真です。

18歳ごろからの夢が叶った瞬間でした。

なぜレースのことから書き始めたかと言いますと、今回のタイトルにもなっている「ガレージ」について、前々から感じている事がありまして、、、

そのことをレースやワーゲン通じて友達になったKeiくんに相談したんです。

Keiくんは雑誌Daytonaにも企画ページを持っていて、車やガレージにかなり精通している先輩。

ガレージって、男の秘密基地的要素がたっぷりで、車はもちろん置くもの一つ拘りますよね!

壁や天井の仕上げ、作業台、ポスターや写真、オイル、工具、、、

徹底的に拘るわけです!(笑)

端っこに置いた大切な段ボール箱(全く使わないが捨てるに捨てれないような)が知らぬ間に嫁さんに捨てられようもんなら

自分を攻め立て、車の横に座り込み肩を落とすのであります、、、。

話がそれましたが、Kei君に相談していたら

これも本当にご縁でしかないのですが、

先に挙げた写真のレース、初めてのレースでの初めての対戦相手

茨城のチームBug MaxのKaz君が、「うちのガレージで良ければ協力するよ!」と申し出てくれたのです。

今回私が提案し、ご協力いただくのは—————————————————–。

床!

そう、ガレージの床です。

もちろん拘った床でガレージを仕上げている方もたくさんいます。

雑誌ガレージライフでもかっこいいのを拝見します。

でも似たり寄ったりというか、もっとカッコよくしたいが商材的に限りがあったり

一度出来上がって物も多く、今更できないと妥協している方も多いと思うのです。

このブログに書くのでやっぱりね。という声も聞こえてきそうですが、、、

お察しの通り

モールテックス(Mortex)

モールテックスはガレージの床に持ってこいではないかと思ったのであります。

(※もちろん床以外のどこでも施工は可能です。)

仕事としてモールテックスを施工する方は僕以外にもいますが、

車やガレージといったジャンルでは自分がやってきたことの集大成であり、

オーナーさんの気持ちや、メンテナンス性なども良く理解できます。

モールテックスはベルギー製の左官材で、デザインコンクリートを薄塗り(コテ)で仕上げることが出来ます。

防水性能があり、汚れにも強い。

なにより、車を引き立たせる意匠性、カラーバリエーション。

そして、うちが一番大切にしている手仕事です。

施工前の打ち合わせ写真 ↓

現在はウレタン系の塗料

実際にガレージ40平米に施工させて頂き、オイルや汚れの試験も行いました。

本施工から保護材の塗布まで行い、1か月後の経過を見ることに。

しかもその間にレースもありヘビーユース!

整備中のオイル汚れ、重量物の耐久などもみれるため最適です。

約1か月後 ↓

 

汚れは少し見受けられましたが、メンテできるレベルでした。

肌触りも良いためワンちゃんもぺったりです。

やはり床は大事ですね。

車も映えるし、メンテナンス性も重要です。

Kaz君のガレージは手前がMortex、奥がSwisstraxです。

モールテックスのメリットは

①現在の床の上から直接施工できる。

②材料とコテのみを使う手仕事のため、使用中のガレージでも施工可能。

③騒音やゴミがでない。

④各種保護材があるため、オーナーさんの希望に沿った仕上げが可能。

⑤色のバリエーションが豊富なため、現在の雰囲気や車の雰囲気をより引き出せる。

などです。

今回も、使用中のガレージであり荷物や車もある状態で施工しました。

工期1週間以内です。

詳しくは12月発売のGarage Lifeで取り上げて頂く予定です。

 

リンク

 

モールテックス(Mortex)の通販、講習会なら

オフィスTAKAHATA

https://o-takahata.jp/

 

公式サイト内、弊社施工事例

https://o-takahata.jp/portfolio/savvy-180803

 

車やガレージといえば NEKO PUBLISHING

https://www.neko.co.jp/tax_magazine/car

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。