モールテックス

アルフレックスのモンターニャをモールテックス BM59 MAKALA MIDで制作しました。

天板はガラスのローテーブルで、とんでもなくオシャレでモダンです。

気持ちいい肌触りで天然石のようです。

形が独特で角も沢山あるため、作業工程が多いですがその分素晴らしい仕上がりです。

モールテックスの個性溢れるテクスチャーは他に類をみません。

たまにエンドユーザーさんのブログやSNSで、テクスチャーはサンディングに手をかければかけるほどでるらしい、、、

と説明を受けたと書いてあるのを見かけますが、

ずばり!

サンディングというよりは、フレスコ塗り(追っかけの2回目の塗り)のタイミングとテクニカルレイヤー(0.8mmの骨材が納まる1mm厚の層)の仕上がりが

全てです。

簡単に言うと、ツルッとした左官の仕上がりが1番大切です。

鏝(コテ)で触っていると、テクスチャーが出る出ないがはっきりわかります。

逆に言うと、その仕上がりが悪いといくらサンディングしてもテクスチャーは出ません。

写真だとテクスチャー面が凹凸しているように見えますが、フラットです。

モールテックスは段取りから仕上げまでとても気を使う製品です。

ちょっとしたことで、仕上がりやテクスチャーに大きな差が生まれます。

ですので、モールテックスをお考えのお客様は、依頼する際に

施工実績や施工事例を見せてもらい、しっかりしたところに施工や制作を依頼してください。

 

あなたの持っているものすべてに施工可能です!

是非ご依頼ください!!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。