鎌倉市でのリノベーション。 2017.8.5 竣工

2017年1月
お客様と初顔合わせから約半年プランニングしてきました。
まずヒアリングからスタート。
2015年に注文住宅にて建てた出来立ての立派なお家。
ところが、本来計画されていなかった柱が、リビングに建ってしまったことに大きな不満をお抱えでした。
部屋の作りからすると、キッチンで料理する奥様とダイニングテーブルに座る旦那様の視界を完全に遮るところに
位置していました。

工事途中に急に柱を入れないとと言われ、耐震の問題などで不安を感じたお客様は、不本意ながら承諾したとのことでした。
まずこの相談を受けた私は、古くから付き合いのあるItchy’s Art garage の主宰である泉谷さんに協力要請しました。
柱の問題プラス、どうせリノベーションするならカリフォルニアの雰囲気でかっこよくしたいとのことでしたので、
チームを組むなら泉谷さん!と真っ先に思ったのです。
泉谷さんと私の付き合いは古く、泉谷さんは同門の兄弟子でもあります。

Hansen’s Arms 神谷 ハンセン こそが我々の師匠です。

ボーンカーヴィングや彫刻はもちろん、人生とは!仕事とは!男とは!サーフィンとは!
いろいろと教わりました。

Itchy’s Art garage にて構造計算などを行い、計画は順調に進みました。

補強柱と梁、構造用合板にて無事に柱を撤去いたしました。

この柱を抜くという事を発端としたプロジェクトですが、着工までには約半年の時間を要しました。
この大変貴重な時間を使い、計画図面やパースにて手で触るほどにイメージをしっかりつかんで頂き、
仕上げに使う材料も、サンプルを山ほど用意させて頂きました。

基本プランは、家族が最も多くの時間を過ごすLDKの空間をより快適な空間にすること。
壁で遮られがちな書斎や部屋などをなるべくオープンにし、いつでも家族の存在を感じられる空間にすること。
そして、仕上げに使う素材も自然素材や天然素材に一貫することを軸に取り組みました。

—遮られていた書斎をオープンな空間に—

Before

After

書斎側からもリビングの様子や、家族の存在をしっかり確かめられます。

TVのあった壁は、ニッチと間接照明、調光システムにて収納力を確保し、光の映り込みなど
照明から受けるストレスを解消しました。

Before

After

リビングはとても大きな吹き抜け空間。
さらに開放感を出すため、2階廊下の壁を撤去しアイアンとレッドシダーにて造作。

奥様のご要望はやはり水まわり。
使い勝手や置くものを徹底的にヒアリングし、使う材料やそのテクスチャーまで
妥協一切なしで行いました。
使用する塗料や、左官材も色違いやテクスチャー違いでサンプルを見て頂き、
しっかりご納得されたうえで施工しました。

MORTEX (モールテックス)というベルギー製の薄塗デザインコンクリートをカウンタートップに使用
防水性能もある優れもの。
シナランバーという材木を使いオリジナルのカップボードを造作。
自然塗料を用いてオイルフィニッシュしました。

洗面化粧台は MORTEXをカウンタートップに使用、TOTOの実験用ボウル、PIVOT水栓、キャビネットは
秋田杉をエイジング塗装にてフィニッシュ。

トイレの中は自然塗料 オプティマス
アクセントカラーはブルーデロイヤルを使用。

自然塗料のオプティマスは、調質-防カビ-空気浄化など様々な機能性を持った塗料。
艶のない超マットな仕上がりが特徴で、無垢や自然素材の邪魔をしません。
今回はトイレ以外にも、天井に使用しました。
壁に使用したシリカライムという素材に合わせて調色してもらいました。
難易度の高かった建具の塗装は、メーカー担当と実験を重ねて実現しました。

OPTIMUS ——–オプティマス ハーバーブルーにて


上の写真は建具塗装、玄関オリジナル家具の造作、アルトドイッチェのアンティークガラスで採光を確保しました。

一番面積の広い壁は、愛すべきシリカライム

リビングや吹き抜けはシリカライムのS1使用。
テクスチャーはタンポネ

キッチンの壁はヒアリング段階でブリックタイルが濃厚でしたが
私の強い勧めでシリカライムのs3を使用して頂けました。
テクスチャーはCARRES(カレ)
職人の技術の高さで実現できる他にはない、素晴らしいものとなりました。
石の素材感モールテックスとの相性も抜群です。

レッドシダーを贅沢に使用した天井パネリング。
あえてラフ面を使用することで、風合いや素材感が生まれ
真っ青な空、突き抜ける太陽を思わせるカリフォルニアの風が吹きました。

建物の要である構造や耐震性を確保しながら、より良い空間つくり
ここは手がかかった~大工 ISIWATA MAKOちゃん 番匠TOYAMA
お疲れさまでした!!

左官職人のHIROMIちゃんはニュージーランドに左官職人として行ってしまいますが。
このプロジェクトに一緒に参加してもらえてよかったです。
ありがとね~。

—Special thanks—

最初のプランニングからタッグを組んでくれた兄弟子
Itchy’s Art Garage Totaly Happy Creations Architecture 泉谷
http://www.itchys.com/

10代のころからの友
ハッピースマイル大工 YOUJIROU
MAKOちゃん 番匠TOYAMA マーボー

家具スペシャリスト
Fleet Wood SATOSHIくん
HUJIKOUGEI KEISUKEさん

ペイントスペシャリスト
TAKAICHI

左官スペシャリスト
チーム HIROMIちゃん(※眼鏡届けるね~)

リペアスペシャリスト
補修の手塚 マリアッチ

アイアンスペシャリスト
NABIくん

クリーニングスペシャリスト
NIIDA

設備スペシャリスト
AKIちゃん

シリカライム
KEIちゃん MIURAちゃん TANITAさん MOTOYAMAさん

オプティマス
NITTA

モールテックス
REITA

資材代理店
UEDAちゃん

サポート協力
兄弟 YOUSUKE REIRI

影ながら支えてくれている
家族
そしてみんなの家族

最後に
私たちを信じてお仕事を依頼してくれた素敵なご家族

皆さま
本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

Savvy.L

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。