img_2485

久しぶりに東京へ行ってきました。
目的は最新の建築トレンドの情報収集です。
渋谷と新宿で丸一日かけてあらゆる情報をインプットしてきました。
今回は無垢材のフローリング、珪藻土と漆喰など自然素材の比較検証。珍しいオリジナルのキッチンや建材などの実物体験をたっぷり味わいました。
凄い収穫もありましたので、近く計画しているワークショップの時にお話ししたいと思います!
ワークショップについては詳細決まり次第ホームページやSNSでお知らせいたします。
自然素材、ハウスシック、などにご興味のある方はぜひご参加ください。
タワービル内をあちこち目移りしながらニッコニコで探索していると、目に飛び込んできて一瞬にして僕の心を鷲掴みにしたのが、タイトルにもある鬼瓦家守。
鬼師と呼ばれる職人さんが魂を込めてつくった作品。

鬼瓦家守 onigawara iemori

「守られて暮らす」日本の伝統住文化の新しい形
『鬼瓦家守』は、粘土瓦全国シェア7割を誇る『三州瓦』を製造する愛知県高浜市のメーカー・新東株式会社が開発したインテリア商品です。1400年以上の歴史がある瓦文化を受け継ぎ、これからも“建造物を風雨から守り、家族を災いから守り、成長を見届ける。”鬼師が魂を込めて作る鬼瓦は、幸せを祈る縁起物です。
113_onigawaraiemori1

一目惚れで即購入し、Savvy.Lの応接スペースに飾らせていただきました。
災いから守り、笑顔で一年を過ごせるように願いを込めて。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。